いつの世も「給料日前」になればお金のやりくりは万人の悩みです。

給料前にお財布がピンチ!

 

お金に困ったら、どうしますか?

 

お金を使うことが当たり前と考えている人、
お金がなければ生活が成り立たないと考えている人は、
消費者金融でお金を借りるという発想に陥りがちです。

 

借りなくてもクレジットカードを魔法のカードだと思い、お金がなければそれで支払いを済ませればいいやと思い欲望のまま使う人もいます。

 

欲望を掻き立てるものイメージ

 

ですが、そんな生活をすること自体が間違っていますよね?
給料が少なくどうしても足りない…という人は「土日に副業をする」という方もいると思いますが、そうでなければまず自分の支出を見直す必要があります。

 

そもそも何故足りなくなるのか?

私たちの生活には必需品を手に入れるための「お金」が必要不可欠ですが、毎月のお給料をどんなに多く貰っていてもすぐにお金が足りなくなってしまう人というのは何処にでも存在します。

 

また、お金を貯めたいのに貯められないという人は意外に多く、最近は貯金のやり方自体が分からないという人も増えてきています。

 

逆にきちんとお金の使い方が分かっていて、毎月のお給料から必ず貯蓄に回している人には幾つかの共通点があります。

 

たとえばお金を貯めることに長けている人の場合、生活費や趣味などで出費をする際は常に「お金を使っている意識」を持っています。
そうした意識を持っている人はたとえ出費が小額だったとしても「喪失感」を覚え、無意識的に節約に対する意識を高める傾向があります。

 

また、お金を貯められる人の多くは「支出に対する優先順位」を常に意識しています。
たとえば買いたい物が二種類あったとして、どちらか一方を買うお金しか持ち合わせていない場合はその場ですぐに優先順位を決めて必要な一方のみを購入します。

 

一方でお金が貯められない人の場合、買いたい物が二種類以上あると借金をしてでも全てを買おうとする傾向があります。

 

 

お金を貯蓄しておける人の場合、支出があればその都度「細かくカテゴリーに分けて抑えるべき支出範囲を設定する」という事を意識しています。

 

逆にお金が溜まらない人はその場の欲求に対して忠実に従い、計画性がないまま買いたい物を欲しいだけ買ってしまいます。そのため、幾ら収入が多くてもお給料日の直前にはお金が足りなくなってしまうのです。

 

つまり、お金が貯められない人が貯蓄を始めるためには「浪費に対する危機意識」を持つことが最重要課題となります。

 

まずはお金を貯めるために支出をコントロールできるようになり、お金に対する管理能力を身に付けることが貯蓄を成功させる第一歩となります。

 

ただし、今まで浪費ばかりしていた人がいきなり多額の貯蓄を行うのは無理な話なので、最初は月々1万円からの貯蓄に励んで少しずつ貯蓄額を増やしていく事が大切です。

 

一方で節約を楽しめる人がいるということを忘れてはなりません。

節約と聞くと、非常にストイックで過酷でつまらない生活をイメージしてしまいがちです。
しかし節約をすることと、お金を使うことどちらが人間として成長させてくれるかは議論の余地があります。

 

お金を使えば、使っただけお金が回ってくるといいますが、
無為な使い方をしても自分がダメになるだけです。

 

飲み会、ギャンブル、交際費にばかりお金を費やすよりは、
節約を通して自らを鍛える方が有意義だといえるかもしれません。

 

節約といえば、食費や光熱費を抑えたり、
雑誌やDVD、洋服や雑貨を我慢したりと自分を抑えることですので苦しいことは間違いがないです。

 

しかしそれを乗り越えればより強い自分になれます。

 

私も節約と貯金が趣味ですが、なにかパァーっと遊びたいと思っても、それを敢えて我慢することでお金が貯まるのを実感すると本当に目に見える体験は何もないけれど、不思議な達成感はあります。

 

外食をして、美味しいものをおなかいっぱい食べたい気持ちを押し殺して、
自分で作った料理で食事を済ますのです。
そうして手間暇をかけているうちに料理が楽しくなって料理上手な人間になるのです。
料理ができるということは人生の中で大きなアドバンテージだと思います。

好きな人は大好きな酒やたばこですが、
これも節約を通して辞めることで健康な体とお金のかからない人間にシフトすることができます。

光熱費に関する具体的な節約方法としては、
水道代に関してもなるべく出先でトイレを利用すれば、自分の家の水道代を節約することができます。

電気代も同じでなるべく外出していれば家の家電製品や照明を利用しないで済みます。

 

こういったことを習慣化することで自然とお金の貯まる体質になります。

 

 

給料支払に悩む経営者の方へ

給料は貰う側は待ち望んでいますが、支払い側は給料日に向けて四苦八苦していることも少なくありません。
完全な赤字が連続的に続いているなら諦めがつきますが「売掛の入金さえあれば…」というシーンは珍しくないのではないでしょうか?

 

実はそんな時に役立つサービスの一つに「ファクタリング」という仕組みがあります。
これは、売掛金を"債権"としてファクタリング会社に買い取ってもらうことで早期現金化するというものです。

 

興味のある方は以下サイトで詳しく解説していますので、併せて御覧ください。

 

ファクタリングで資金調達