献立は3日~4日分考えて、必要な食材を購入し、アプリの節約レシピなどを上手に活用しましょう。

節約のための自炊・簡単レシピ

節約のための自炊の定番はお米!

お米は必ずと言っていいほど必要になりますが、お米の中でも「雑穀米」「玄米」に注目をして下さい。

 

馴染みがない方、知らない方からすると「玄米・雑穀米ってどうなの?」と思うかもしれませんがメリットを知れば食費をかなり抑えることが出来ます。

 

その秘密は「腹持ちが良い」ということです。

つまりお腹が空きにくくなるというメリットがあります。
雑穀米や玄米はゆっくりと消化されるのでお腹が空くにくくなるので節約にはもってこいの食材です。またミネラルなども豊富に含まれているので健康面でも優れた食材です。
玄米・雑穀米などはネットなどで格安で購入できるメリットもあります。
また最近は、5キロよりも10キロの白米はネットで購入するとかなりお得に購入できます。

 

 

簡単レシピは缶詰と卵が決め手

栄養価が高く、尚且つ安く購入できるのが缶詰です。
これらを使えば簡単に美味しいレシピが出来ます。

 

例えば、ツナ缶と卵を混ぜて甘口しょうゆと砂糖とみりんと味付けをすれば簡単どんぶりが出来ます。

 

缶詰は保存がきくので一人暮らしの方にはオススメです。
卵は良質なたんぱく質を補給できる大切な食品です。
人間にとってたんぱく質摂取は欠かせないので卵は必需品です。
卵焼き、目玉焼き、オムライス、どんぶりなど…卵を使った基本的な料理は非常に多く、活用方法も沢山あるので節約にはオススメの食材です。

 

 

節約で注意をすべきことのまとめ

まず絶対に献立は3日~4日分考えてみてください。
その中で必要な食材を購入しましょう。
「あれも出来る」「これも出来る」という風に考えてその場で色々と思いついて購入してしまっても、結局食材を腐らせてしまうというケースは非常に多いです。
必ず献立は前もって逆算して考えることをオススメします。

 

 

アプリレシピを活用すれば無限に広がる節約のバリエーション

このご時勢ですからとても便利なアプリが溢れています。
またネットでも簡単にレシピを調べることが出来るので節約にはもってこいです。
味の「飽き」がこなくなるので、毎日の食事を楽しみながら行うことが出来ます。
上手に活用して節約自体を楽しみましょう。