大卒と高卒では生涯賃金の額がかなり異なり、大卒と高卒の方の平均生活費も大きな違いがあります。

一人暮らしの平均生活費とは

全国的な一人暮らしの平均のお金とはどれくらい?

一般的に全国的な平均は14万~15万前後といわれています。
食費、通信費、住居費などは親の支援額によって異なりますが、おおよそ6万前後必要となっています。

 

地域によって異なることを知ろう

東京・大阪などの地域と他の地域では基本的な賃金に違いがあります。
地域によって基本的な平均の値段は異なるので注意しましょう。

 

親の支援がある人の違い

親の支援がある人はおおよそ20万~25万前後とゆとりがある人たちが多いです。
またこういったケースは女子学生に多く、比較的ゆとりのある家庭が対象となっています。

 

 

平均生活費は自炊や節約をすれば減らせる

人によっても違いがありますが、一番減らすのが食費、そして飲み代などを削れば平均的な生活費を大幅に減らすことが出来ます。
また、学生の方は親の支援とは別にアルバイトをされている方も多く、生活に多少余裕がある方もいます。ですが現状は生活に四苦八苦している人たちが多く、平均的な生活費は圧迫傾向にあります。

 

ルームシェアをすれば更に節約が可能

最近はルームシェアなどをして節約をされている人も増えています。
またその物件も非常に多く、時代の変化ともいえます。
賢く利用することで節約・貯金をトータルでカバーできるので非常にオススメです。

 

 

高卒・大卒によって平均賃金が異なるので生活の余裕が違う

大卒と高卒の場合だと生涯賃金の額がかなり異なります。
平均生活費の分類でも大卒と高卒の方では大きな違いがあります。
また最近は一人暮らしをするよりも実家で生活をして節約をしているという人たちも増えてきているので地域によっては生活費に違いが生まれます。

 

 

生活費を抑えるには多少の我慢が必要

ちょっとした我慢をするだけで生活費は大きく抑えることが出来ます。
飲み代、服代、通信費、家賃などを抑えることで将来的にも大きな貯蓄を作ることが出来ます。
生活費を抑えるには少しの工夫が必要です。
毎月お金が足りなくなる人は何故足りなくなるのかを考えましょう。