他人からお金を借りたり、万が一カンパしてもらったとしても、きちんと返すことが大切です。

友人・同僚からのカンパ

給料日まであと4、5日だけれど、金欠になってしまうときってありますよね。

 

まったくお金がなくなってしまい、
数日間を過ごすだけのお金がなくなってしまったときの対応方法として
友人や会社の同僚からカンパしてもらうという図々しいという技があります。

 

ただ他人からお金を借りたりするのは、後でトラブルのもとになるので、
なるべく避けた方がいいのと、万が一カンパしてもらったとしても
ちゃんと返すことが大切ですね。

 

しかしお金がなくなって急場しのぎのお金を作り方として
消費者金融などを利用してしまうと後で返済に困ったり、取り立てに苦しめられます。

 

ましてや誰にも頼ることができずに、最後の手段として闇金に走ってしまうことを考えれば、友人や会社の同僚にカンパしてもらう方が安全な手段といえるでしょう。

 

具体的なアプローチ方法としては、あまりいろいろな人からお金を借りてはいけませんが、

 

なるべく分散的に何人かから少ない金額を集めた方がいいでしょう。

1人の友達に1万円をカンパしてもらうよりも、
5人から2千円ずつカンパしてもらう方がお金を集めやすいといえます。

 

また残り5日間を過ごすのに多すぎる金額を集めすぎてはいけません。

自分の戒めとして、同じ過ちを2度繰り返さないためにも
1日千円で5千円ほどカンパしてもらってなるべくつつましく暮らしたいものですね。

 

 

かつて私は月末にお金に困り会社の人からお金を借りて、
お酒を飲んでいた人を知っているのですが、一体どういう神経をしているのか理解できませんでした。

 

そういう人に限って給料を早い段階でパチンコやギャンブルなどで使ってしまっているのです。

 

また会社の同僚からお金をカンパしてもらう場合には、
なるべく同期や年の近い同僚からカンパしてもらう方がいいでしょう。

 

上司や後輩など立場の違う人間にそのような弱みを見せることは非常に危険です。

 

なるべく日ごろから付き合いのある気心の知れた同僚からお金を集めることが求められます。