現金よりもクレジットカードでモノを買う方が、ポイントや割引など節約の面でも有利になります。

クレジットカード対応で凌ぐ

現金に困るということは意外と誰にでも起こりえることです。

 

現実にちゃんと働いて仕事もあり、
貯金もたくさんしているという人でも現金が手元になくなって困ることはあります。

 

例えば給料の振込口座一つしか銀行口座を持っていない人は、その口座からお金が引き出せなくなってしまうと現金を得る方法がなくなってしまいます。

 

特に銀行ATMの引き出しは、時間外料金がかかる時間帯だけでなく、まったく取引ができない時間帯というものもあります。

 

また細かい人は時間外手数料を嫌い週が明けるまで、意地でも引き出しを行わないケチな人もいるのです。

 

そういう時に心強い味方となるのはクレジットカードです。

 

ネットショッピングの隆盛により、現代でもますますクレジットカードの重要性は高まっています。クレジットカードのメリットは、手数料がかからないということです。

 

そしてクレジットカード決済を行うことによって得られるポイントがあるということは第2のメリットであり、基本的に現金よりもクレジットカードでモノを買う方が節約の面でも有利になります。

 

しかし便利で有利とわかっていてもそれほどクレジットカードでモノを買うことが一般的になっているわけではありません。

 

クレジットカード

やはりカードを持ち歩くことということは少しめんどくさい面もあるので、あまりクレジットカードで日用品や食料品を購入することは一般化していませんが、イオンなどの大型スーパーでも現金で購入するよりもイオンカードを駆使して買い物をしたほうが、ポイントもつくし、割引されることがあります。

 

クレジットカードと聞くとすぐに奢侈品であったりブランド物などの贅沢品を連想してしまいますが、生活に必要なもの、日々の細かなお買い物にこそコツコツと使ってみると意外に便利なものなのです。

 

実際に思っている以上にスーパーやコンビニ、レンタルDVD店、ホームセンターなどクレジット決済に対応しているお店が多いのです。

 

現金に困ったときは、それを機会にクレジットカードで決済する癖をつけるターニングポイントになるかもしれません。